Environmental
Management System

「工業だから環境のためにできること。」

環境マネジメント

当社では、環境問題を経営の重要課題の一つとして掲げ、環境の国際規格ISOに基づいた環境マネジメントシステムを運用し、
地球と社会そして人々の生活を守るための環境保全活動に努めています。

 ISOの取り組み 

世界的な環境問題が大きくとクローズアップされ、我が国も積極的な取組が行われようになりました。

弊社についても、グローバル化する市場を背景に、2001年12月にISO認証を取得致しました。

環境ISO14001とは、 第二次世界大戦終戦後、世界の先進国では急激なインフラ整備・工業発展を続け、森林伐採や資源の無駄使いへと進み、
今、地球規模での自然破壊から自然災害の発生が起こっている中、環境破壊への歯止めとして、1996年9月にISO14001が設定されました。

環境への影響を持続的に改善する為のシステムを構築し、システムを継続的に改善していくPDCAで
P(プラン;計画) D(ドウ:実行) C(チェック:評価) A(アクション:改善)有害な環境影響の低減、有益な環境影響の増大、
組織の経営改善および環境経営が期待されています。

ISOの取り組み

■ ISO14001環境マネジメント

システムに基づく環境保全

 排水処理施設 

当社は水環境問題の取り組みとして1970年から生活環境の向上および公共水域の水質保全のため、大型排水処理施設を新設し、
水質汚濁防止のため自社設備での水質管理を徹底し、
有害な化学物質の排水を全て社内で処理しています。

有害な化学薬品の取扱量が多いめっき業界ではその有害物質を含む排水を排水分類し、酸化処理、分解処理、中和処理、凝集処理、
最終pH調整まで細かい管理頻度で測定点検を行い、環境に負荷を与えない、安全な水質にして放流を実施しています。

原水槽

排水処理量計測器

各処理槽

汚泥回収槽

沈殿槽

最終pH調整槽

pH計

 環境方針 

ミハラ金属工業(株)八幡工場、ミハラ電子株式会社、ミハラ電子有限会社は半導体製品の製造及びめっき加工の事業を通じて、
より良い地球環境を実現するために環境マネジメントシステムに基づいた環境保全活動を技術的、経済的に可能な範囲で推進します。

環境方針(2016年度環境保全基本方針)

1.

環境保全への取り組みを経営の最重要課題のひとつとして位置づけます。

2.

環境影響評価結果等に基づき、環境目的・目標を設定し、それらの定期的見直しを行い、環境マネジメントシステムの継続的な改善と環境汚染の防止に全員参加で取り組みます。

3.

環境側面に係わる法令及び本社工場が同意するその他の要求事項を順守するために自主管理基準を設けて活動します。

4.

事業活動、製品及びサービスに係わる著しい環境側面について、以下の項目を環境管理の重点テーマとして取り組みます。

(1)電 気 使 用 量 の 削 減
(2)下 水 道 法 の 順 守

5.

環境保全基本方針は、当社のために働くすべての人に周知します。また、社外に開示します。

ミハラ金属工業株式会社 八幡工場

ミハラ電子株式会社

ミハラ電子有限会社

代表取締役  三原 崇敬